割り切りの出会いをする為に大切なルール決め

本気にならないようにする


ルールを破ったらすぐに見切りをつける

出会い系サイトを利用している人の2割から3割は人妻や妻帯者と言われています。

サイトによっては上下はしますが、それでも他の出会いサービスに比べると圧倒的に出会い系サイトが多いのが特徴です。

なぜここまで出会い系サイトに既婚者の人が集まるのかと言うとやはり匿名で利用できてさらに目的が一緒です。

周りの友達や知り合いに結婚をしているけど出会いが欲しいなんていったら大変なことになってしまいますよね。

白い目で見られてしまうのは間違いないでしょう。

だからこそ出会い系サイトに集まるのですが、やはり割り切りの関係をするとなるとしっかりとしたルール決めをしないといけません。

もし世間や家族にバレてしまったら大変です。慰謝料、離婚などに向かいますし、何よりも子供がいた場合は子供に大きなショックを与えることになるでしょう。

自分だけではなくて家族や子供にまで影響を与えるのですから基本的には割り切りの関係を求めないほうが良いのです。

とはいっても出会いを求めてしまうという人もいますからルール決めをしっかりと決めましょう。

必ず守っておきたいルール決めを理由を含めて紹介します。

会う頻度は月に2回まで

不倫や浮気がバレてしまうのは会う頻度が増えれば増えるほどバレてしまいます。

付き合いたてはどうしてもお互いに気持ちが盛り上がって会いたくなってしまうものですが、やはりその気持ちをグッと抑えて会う回数は極力減らすようにしましょう。

1週間に1度でも多いのでやはり月に2度程度にして会った時に思う存分発散すれば良いと思います。

会う頻度が増えれば緊張感も薄れてしまうというデメリットもあります。

LINEやメールの痕跡は残さない

浮気や不倫がバレてしまうのは証拠を残してしまうからです。ですのでLINEやメールの痕跡を残せば当然証拠もないですよね。

どうしても関係を持つと連絡を取りたがってしまうものですが、必要最低限のラインやメールで基本的に内容は残さないようにしておきたいですし、会話の内容も業務連絡や会社の連絡のようにしてやり取りをしましょう。

残してしまうから発覚してしまうので必ずお互いにLINEやメールを消しあうように意識しましょう。

連絡のやり取りも家族がいない平日の昼間だったり、電話は控えるようにしましょう。

待ち合わせ場所は誰も居ない場所で

待ち合わせ場所に家族なども使っている駅前とかですれば一緒に居るところを見られてしまいますので必ず誰も使っていないような場所で会うようにしてください。

日常で使っていない駅で待ち合わせをしたり、車などですぐに移動できるようなところで待ち合わせをしましょう。

またよくあるのがホテル代などを浮かせる為にお互いの家で会うようなことをしてしまうことです。お互いの家を知らせるようなことは絶対にしてはいけません。

相手が本気になったら即切る

相手が本気になって今の家庭を切って一緒になりたいといってきた場合はすぐに切るようにしましょう。

一時の感情で爆発するのではなくて冷静な判断は必要です。

家を教えてしまったりすれば家まで押しかけてくる可能性もあります。

そうなれば自分は遊びのつもりが家族に知られてしまうこともあるのです。

そして最後にルールを破ったりするようなことになったらすぐに切ることを頭に入れておきましょう。そして他の人を見つけるようにすれば良いのです。

割り切りの関係をするというのはリスクが大きいのでするならば徹底しましょう。

サイトメニュー

  • 圧倒的なアクティブユーザーを誇る【PCMAX】
  • 全国で最も知名度のある【ハッピーメール】
  • 婚活に特化したミクシィグループ【YYC】
  • 大人の出会いを求めるなら【ミントC!Jメール】
  • 出会えると口コミ評価が高い【ワクワクメール】
  • エンターテイメント性溢れる出会い【with】
  • 30代以上の本気の婚活アプリ【Omiai】
  • 20代前半を中心の出会い【マッチブック】
  • 定額制出会い系アプリの定番【pairs】
  • 趣味から始まる恋活サービス【タップル誕生】
  • 簡単5分!出会い系サイトの登録
  • 沢山の人と会うための出会い系攻略法
  • 優良出会い系サイトの見つけ方
  • メールが苦手な人向けのためのメール術
  • 好印象を抱かせるデートの立ち振る舞い
  • 相手の心に届く告白の伝え方
  • 割り切りの出会いをする為に大切なルール決め
  • 人の出会いは十人十色利用者の体験談
  • 出会いの選択肢を広げる様々な出会いの場
  • 騙されない為に知るべき悪徳業者やサクラの特徴
  • 実際に起こった利用者同士のトラブル
ページのトップへ戻る