オススメ記事
オンラインカジノの使用禁止ツールと悪質行為

ラクしてオンラインカジノで確実に稼げる方法はないかなぁ。

もしこのように考えたことがある方は、必ずこの記事を読んでください。

オンラインカジノでは、もし禁止ツールや悪質行為を行えば、賞金の没収やアカウント閉鎖のリスクがあります。

今回は、オンラインカジノでの使用が禁止されているツールと悪質行為について紹介していきます。

  • オンラインカジノの使用禁止ツール
  • オンラインカジノの悪質行為

ぜひ最後までご覧ください。

 

目次

1:オンラインカジノの使用禁止ツール

ルーレットやバカラといった確率ゲームに、AIでの解析・監視を実施することは、全てのオンラインカジノで禁止されています。

もし不正ツールの使用が発覚した場合、アカウントの閉鎖および資金没収のペナルティを受けることになります。

  • 自動売買ツールの使用
  • カウンティングツールの使用

それでは上記を順番に解説していきましょう。

1-1:自動売買ツールの使用

自動売買ツールとは、損切りや利益確定のタイミングなどを事前に設定し、あとは機械に任せて自動で売買を行うツールのことです。まるでFXのような投資をしているようですね。

しかし、自動売買ツールを使ったからといってオンラインカジノで稼げるわけではありません。

そもそも、オンラインカジノのシステムを改変できるツールではないため、基本的には人間にできることを機械に任せているだけです。

また、最近ではこういった不正ツールを商材として消費者からお金を騙し取る業者が増えているため、下手に自動売買ツールに頼ろうとすれば、返って大金を失う可能性があります。

1-2:カウンティングツールの使用

カウンティングとは、主にブラックジャックで使われる戦略です。

一枚ずつ引いたカードをカウントすることで、次に引くカードの大小、あるいは自分の勝率がどれくらいかを計算・予測します。人間がこれらを実行するには訓練が必要です。

カウンティングはリアルカジノでも禁止されている行為です。ディーラーと対面しないオンラインカジノでは比較的カウンティングしやすいと思われますが、ブラックジャックに使用されるデッキ数がリアルカジノと異なります。

リアルカジノの場合は3デッキですが、オンラインカジノでは6〜8デッキが使われており、何度かゲームを行うと別のデッキに変えられてしまうため、次に引くカードを予想することはより難しくなります。

2:オンラインカジノの悪質行為

オンラインカジノではツールの使用以外に、悪質な行為を行うとペナルティを受ける可能性があります。また、場合によっては犯罪行為の加担を受けることもあるため十分注意しましょう。

  • オポジットベット
  • ボーナススタッキング

上記を順番に紹介していきます。

2-1:オポジットベット

オポジットベットは別名2ティアベットとも呼ばれており、ルーレットの場合赤と黒に同時ベットする行為のことです。

ドローにならない限り負けることはないが、勝ちもありません。ではなぜ禁止かというと、ボーナスキャッシュの引き出し条件を簡単にノーリスクで達成されることを防ぐためです。

これを許すと運営側は経営が成り立たないですよね。

また、オポジットベットはマネーロンダリング(資金洗浄)が疑われる可能性があります。オポジットベットをすることにより、犯罪に使われたお金を「カジノで獲得した賞金」にすり替えることができるからです。

ある程度のリスクは承知した上でカジノを楽しみましょう。

2-2:ボーナススタッキング

ボーナススタッキングは、ボーナスキャッシュを受け取り、賭け条件をクリアする前に次のボーナスキャッシュを受け取る行為のことです。

全てのオンラインカジノが禁止行為にしている訳ではありませんが、行為が発覚するとペナルティをくらいます。

ボーナススタッキングは、悪気がなくとも初心者の方がうっかりやってしまいがちな行為です。

1つのボーナスを受け取ったら、まずは賭け条件をクリアすることを心がけましょう。

まとめ

以上、オンラインカジノの禁止ツールや悪質行為について紹介しました。

  • 自動売買ツールの使用
  • カウンティングおよびツールの使用
  • オポジットベット
  • ボーナススタッキング

オンラインカジノで不正行為を行えば、勝てるどころか、投入した資金がなくなる可能性があります。

特に初心者の方で複数のオンラインカジノを使う場合は、各サイトの利用規約を確認するようにしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事